お問い合わせは

 

 φ(゚▽゚[] 

上記の「メールでのお問い合わせ」フォームをご利用ください。

営業(セールス)のお電話・FAXはご遠慮ください 

 TEL 

0226-25-9773

 FAX 

0226-25-9774

 営業時間・休日

      11:00 ~20:00

         (不定休)

 お急ぎの場合は、

           Mobile

    080-3323-8304

 〔菊地まで〕

 営業(セールス)のお電話はご遠慮ください 

 

2022年4月

2022年4月 · 2022/04/30
毎年この時期になると事務所脇に花が咲き誇る。自生する花の名は不明だが可憐でとても艶やか。日が暮れるとともに花ビラは閉じられ朝日が昇るにつれまた満開に。右手にはツクシが、左手にはタンポポが三兄弟の様に居並ぶ。時期が終わると皆、ただのやっかいな雑草と化してしまい、引っこ抜きたい衝動にもかられるのだが、来年も愛でたい気持ちが勝ってしまう、、このままにしとこう。
2022年4月 · 2022/04/25
小生、プロ野球愛好歴50年余り。気仙沼に大洋漁業があった小学生時代は大洋ホエールズのファン。中学のころは宮城球場をフランチャイズにしていたロッテオリオンズを応援。そのロッテは千葉に移ってしまったので今は地元、東北楽天ゴールデンイーグルス。何十年とプロ野球を見続けてきた小生が驚いたきのうの試合。球審はストライクの時に横向きで「アィ~~ン!!!!!」と絶叫することで知られた名物審判。で、その熱血審判が急に怒りに震え血まなこでマウンドにスタスタ。ロッテの佐々木投手に詰め寄り威圧的な言動をとった。この様な光景、何十年もプロ野球を観てきた小生の記憶には無いことだ。マウンドに行く球審の眼光は『オラオラ』オーラ全開。あきらかに感情ムキ出しの振る舞いは見苦しい。怒りのホコ先はいさめに入った18才の新人キャッチャーにも向けられ。なんとも情けないというか恥ずかしいと言うか。投手が仮に”ダルビッシュ”、”田中マー君”、”大谷翔平”だったらどうなのか。、、絶対こんな行動には出ないはず。先日、完全試合を達成した20才の佐々木投手。「調子に乗って、若造のくせに。」と言う、見下した気持ちがその様な行動に出たのかと。注意することがあればチェンジになって投手がベンチに戻る時に行えばよいこと。感情的になってゲームを中断させた今回の件は球審がアウト!。。。ひとりごと、ブツブツ。
2022年4月 · 2022/04/22
車を走らせていると、「おっと!」。気仙沼の観光キャラクター『ホヤぼーや』の採光機発見。ここ最近できた建設機器のレンタル会社。夜の工事現場で見たら、さぞきれいで目立つだろうに。それにしても、このホヤぼーや、メタボすぎ。でも、かえってかわいいかも。
2022年4月 · 2022/04/20
只今、気仙沼市議選活動真っ盛り。──横断歩道を渡ろうかという小生の右手には選挙カーが赤信号で停車中。何気なくその車の方に視線を向けたとたん、すかさず大音量スピーカーから「お仕事お疲れ様でございます!温かい応援ありがとうございます!市議会議員候補者○○○○、今日も元気に頑張っております!」まわりを見渡すも小生以外には誰もいないので明らかに自分に向かって言っているような。で、よせばいいのに振り向いてもう一度車の方を見てしまった。すると車の窓から候補者が身を乗りだし笑顔で小生に思いっきり手を振っている。候補者はマイク片手に「ありがとうございます!ありがとうございます!ご声援、本当にありがとうございます!」、、て言うか、ご声援も何も、ただチラ見しただけだし、、道行く人=1票、に見えんのだろうなァ。
2022年4月 · 2022/04/17
とある業務用サイトのポイントが思いのほか沢山たまっていた。ポイントの交換には“ウクライナ支援”もあったので、ここは一発奮起!。全ポイントを寄付することにした。思い起こせば、11年前の東日本大震災の際には世界中からの善意の中、ご多分に洩れずウクライナ国民の皆様からも多くの義援金を頂戴したことは記憶にある。併せて国からは大量の毛布他、様々な機器類等も赤十字社を通じて日本に寄付されと聞く。小生が当時、避難所でいただいた毛布も、あるいはウクライナからのものだったかもしれない。寝泊りしていた学校の体育館には小さなストーブがふたつだけ。夜は凍えるように寒かった。あの時の毛布のありがたみは今も忘れてはいない。ここは何としてもご恩を返さねば(と言えるほどのものではないが)と、思った次第。連日テレビで映し出されるウクライナ街々の惨状、人々の惨劇は3.11震災と重なり目に余る。──安寧を祈り、合掌──
2022年4月 · 2022/04/15
同級生、菅原孝治くんの手作り感あふれる可愛い店。地元気仙沼でも知る人ぞ知る、超見つけにくい裏路地にひっそりとたたずんでいる。彼ひとりで焼き上げる無添加のパンは15種類ほど。結構な人気店で午後早々になるとほとんど売り切れてしまう。素朴で優しい味わいは彼の人柄がにじみ出ているよう。この店、実は日本で唯一(?)であろう、パンの無人販売の店。店内はふたりも入れば満員御礼という秘密基地のようなディープな空間。カウンターは懐かしい昭和の足踏ミシン。そこには電卓とお金を入れるブリキ缶が。パンを買う人は自分で計算してお金を入れていく。そして買ったパンの個数分のハンコを、添えてあるポイントカードにこれまたお客さん自身が押していく。カードにハンがたまったら好きなパンをひとつ、自分で交換する。監視カメラは一応あるが、そんなものは無くともお客さんは皆、孝治くんの人間性を知っているので悪いことをする輩はいない(ハズ)。11年前の東日本大震災の時には彼自分も被災したのに損得関係なく皆さんにパンを連日振舞い続けていた。小生にはとてもマネができない、と言うか人間の出来がそもそも違う。陰ながら応援し続けたい”こうじくんのパン屋”。で、主(あるじ)のこうじくんは店を置いてどこにいるのか、それはと言うと、、、シークレット ♪
2022年4月 · 2022/04/11
今日は、ひとりで尾ビレの下処理作業。生臭みの蒸し時間が3時間。その後、下味の施しでさらに3時間の蒸し。仕上げにネギ油を加えて真空パック。成形、計量後、冷凍庫へ。なんやかんやで丸一日要する作業。最近ヒザが痛くて立ち仕事はシンド。社長と言えども何でもやらなアカン。掃除、現場作業、洗い物、事務仕事、発送梱包、配達、とどめは草刈り、フィ~。
2022年4月 · 2022/04/08
小学校の眼科検診でアレルギー性結膜炎と言われて以来、50年余り。今も一日4回、せっせと目薬さしに励んでいる。ちょっとさぼると、まぶたがピリピリ。しんどいのは眼を合わせながら会話をするのが苦手。なぜか涙があふれてくる。なので気をつけないと、「えっ、何泣いてんの?」と、なってしまう。今、これからは花粉の季節。しかしアレルギーなのに花粉はまったく平気。関係があるかどうか、、、子供のころ杉の枝を揺らし、黄色い花粉を頭に浴びながら”杉玉てっぽう”を作って遊んだ。で、花粉の免疫ができたのかも。せっかく思い出したので”杉玉てっぽう”の画像検索したら、「これこれ♪」昭和40年代へ一気にタイムスリップ💨💨
2022年4月 · 2022/04/05
1,2回目の接種はファイザー。その時の副反応は、ほとんど無し。今回3回目のモデルナは、と言うと、、悪寒、頭痛、倦怠感のトリプル反応で超グロッキー。熱は、ほぼ平熱。接種の夜、寝床についた直後から強烈な寒気が始まりガタガタ震えが止まらない。次第に頭も痛くなり始め、、。急きょ薬と厚手の毛布を重ねて応急対応。起床後は体、ダルダルで何もしたくない感じ。おまけに持病の心臓にも影響しているのか動悸もあって気分はブルー⤵
2022年4月 · 2022/04/04
3回目のワクチン接種会場にて。受付問診のご年配女性、、、、「朝ごはんは?」『さ湯とくだものを少し。』「果物は何ですか?」『文旦です。』「えっ、ブンタ?」『ブンタンです!』「ブンタンって何ですか?」『ミカンです。』「へぇ~」、、気仙沼人には馴染みのない柑橘類だけに無理もない。にしても質問ラッシュ、接種とどう関係があるのか。ほっこりしたので、まぁいいか。。

さらに表示する


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)