気仙沼のふかひれ屋さん 気仙沼のふかひれ屋さん
2023年1月 · 2023/01/28
”コォー、コォー”。眼下の川辺がにぎやかになってきた。仕事に行く前に白菜を切ってまいてみた。口に入れモゴモゴするも飲み込めないのか吐き出してしまう。小さく薄く切ったのだが白い部分はどうやら苦手なようだ。葉先の軟らかいところは食べる。体が灰色の幼鳥2羽は警戒しているのか遠くから眺めているだけで寄ってこない。。。去年は食パンをあげていた。食パンの時は好物だったようで食いつきがまるで違っていた。その争奪戦は、さながら餅まきで我先にと血眼(ちまなこ)になって餅を奪い合う人間模様にそっくり。しかし、今年はパンの原料である油脂が白鳥の体には良くないらしいとのことで残念だがやめることにした。近所のスーパーのチラシ。葉の軟らかい小松菜が80円の特売。「よし!、明日はこれでいってみようか。。」

2023年1月 · 2023/01/22
相方のヨメちゃん、梱包作業に懸命。名ばかり社長の小生は指示されるまま、あっちへこっちへ右往左往。尻に敷かれていた方が仕事がスムーズ。と言う訳で本日もご機嫌を損ねることの無いよう、がんばっております。

2023年1月 · 2023/01/20
師走からつくってつくって、ただただひたすらつくる毎日。お待ちの皆々様、しばらくのご容赦を。。。。。…<(_ _)>

2023年1月 · 2023/01/18
会社のプレハブ冷蔵庫に眠っていた銘酒『越乃寒梅"灑...

2023年1月 · 2023/01/15
『お年玉付き年賀はがき』当選番号の発表~!1等、2等なんて贅沢は言わない。毎年、干支の切手シートを楽しみに集めているので、それが当たれば充分うれしい。…が、今年は見事に全滅、ガクッ。こんなに沢山いただいているのにハズレは結構ショック。思い返せば去年は商品券やら寿司券やら色々な当たり年であった。なので運を使い果たしたのかも。…こんなときにブースカが発する言葉は、「シオシオノパァ~。」(心がしおれて嘆く意味)

2023年1月 · 2023/01/13
とある抽選券。すべてハズレ、ガクッ。余談ながら、券には『商品券が当たる!!』と、ある。…「当たらないじゃないかーー!」負け惜しみだが『~当たる!?』とか『当たるかも』の方が良いような。。で、もっと言えば話ではカラクジ無し、と言っていたのに「何もないじゃないかーー!」。若い子だったのでひょっとしたらカラクジの意味を間違って理解していたのかもしれない。まぁ、いっ時の夢を見させてもらったからよしとしよう。

2023年1月 · 2023/01/09
きのう朝、寝入っているところに突然けたたましいサイレン。「エッ、近くで火事か!?」と、飛び起きたら、ふらついて壁に頭をゴツッ💀ついでによろめき、テーブルの脚にしもやけになっている足の小指をガツッ💀クソ痛いのなんの。朝は超低血圧なので急な動作は時にこのようなことに。で、涙目で寒さに震えながら眼下をのぞくと『ブシャー!!!!!!!!!!!』。消防の練習か...?と、思いきや地区消防団の祝賀放水とのこと。ちょっとふんだりけったりの朝。。ご苦労様です。

2023年1月 · 2023/01/06
子供たちが巣立ってからは初詣に行かなくなってしまった。代わりと言う訳ではないが、事務所にお祀りしてある『ビリケン様』を毎日参拝。大阪にある本家、『ビリケン神社』を模したもの。鈴を指ではじいて、チリチリン♪所作はビリケン様の足裏を掻いた後、二礼二拍一礼で皆さまの幸せを祈り感謝の意を捧げる。あとは首を垂れて「無事に一日を全うできますように。」、で、欲を言えば「ヨメちゃんの機嫌が良い日でありますように」…。

2023年1月 · 2023/01/01
2023年、あけましておめでとうございます。皆々様にとりまして良き年であります様、心からご祈念申し上げます。弊社、私ごとにおいては鼻息荒くするほど若くも無く、さしたる欲も無いので今年も一年、細々ながらも平穏無事に乗り切れたらと、そんな思いでおります。ただただお客様に変わらぬご支持ご愛顧をいただけるよう一念、心を込めてたモノづくりに努めて参ります。で、話は変わりますが…。ありがたくも『ふるさと納税返礼品』業務に追われる日が続いておりますためブログ更新は3月頃まで少なくなります(たぶん…)。タイトル通り、気まぐれにゆるく日々を綴っていきますので懲りずにお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。社主・菊地純明

2022年12月 · 2022/12/22
『気仙沼市ふるさと納税』。当店の返礼品『プリプリふかひれ尾ビレ姿煮』の受付は一時、休止とさせていただいております。膨大なご寄附をいただき、これ以上の継続は多大なご迷惑をおかけすると、判断いたしました。受付休止の措置は初めての事態です。毎年この時期にご寄附を頂戴しますリピーターのお客様には心苦しく、深謝いたします。誠に勝手ながらご容赦のほどお願い申し上げます。

さらに表示する